News

NAGI Kurashiki で出会えるお気に入り

こんにちは!NAGI Kurashiki Hotel & Loungeです。
気持ちのいい秋晴れが続いていますね!
金木犀の香りに癒されながら秋を満喫したいところです!

皆さんは「旅行しよう!」と思った時
どんなことを条件にして宿泊先を決めていますか?

・ただ単純に泊まるだけ
・落ち着ける空間でその空間を日常でも再現したい
・ローカルに触れたい   など

宿を決める理由は人それぞれ、場面によっても異なると思います。

NAGI はただ単に泊まるだけのハコとして皆様をお迎えしている訳ではなく
日常に取り入れることのできる新たなライフスタイルを提案すべく
その土地を代表するショーケースとしての役割も担っていると思っています。

旅先で出会ったとっておきのお気に入りを自宅に持って帰り
日々の生活に彩りを与える

そんなお手伝いができたらと日々オススメの品を探しています!

今回は10月からNAGI Kurashiki でご購入いただけるようになった
デニムマスクとブックマークについてご紹介いたします!

アイキャッチ

デニムマスク 〈オーダーメイド ×Bobson〉

NAGI の客室には2通りのウォールアートがございます。
そのうち一つは全国的にも有名なBobsonの岡山デニムを使ったアートになります。
初夏、Bobsonさんのご紹介でオーダーメイドさんと出会いました。
NAGIで出会うことのできるデニムマスクはオーダーメイド さんが手掛けた物です。

オーダーメイド
地域の企業(約14社)より様々な委託作業を受け、作業を通して利用者の方々の自信や達成感に繋がるような支援を行っている社会福祉法人。
地産地消のモノ創りを行い、地域の活性化を目指していらっしゃいます。

こだわりのデニムマスク
岡山のジーンズメーカー「BOBSON」より、デニムサンプル作成後に残ってしまった残反をいただき再加工しているアップサイクルなマスクです。
残反を使用しているために一つ一つ色味や深みが異なるのでお気に入りの色を見つけていただきたいです!
裏地に使用している生地は、季節に合わせた物を使用しており
夏場は快適に着用できるよう接触冷感の生地
冬場の感染時期には感染防止対策に考慮した機能性の高い素材を使用しています。
こだわりは生地だけではなく、着け心地やフィット感に至るまで何度もサンプルを作成し、この商品にたどりついたそうです。

今や必須アイテムとなったマスク
岡山デニムであなただけのコーディネートをお楽しみください!

デニムマスク使用

私も使ってますよ〜!by Natsumi

世界に一つだけのブックマーク 〈NUNOUS〉

NAGI客室の畳の部屋を彩るもう一つのウォールアートは
セイショク株式会社が手がけるNUNOUS[ニューノス]という新素材を使用しています。
NAGIで出会うことができるブックマークはNUNOUS×NAGIの限定コラボ品です!

NUNOUS
140年の歴史をもつ老舗染色加工会社「セイショク」が明日に向けて提案する
全く新しいアップサイクル素材です。
一見すると年輪に見えますが、触ってみると確かにわかる布由来。

繊維産業やファッション産業は環境汚染の原因ワースト10ともいわれていますが、人類の多くは衣服をまとう・・・
布は、誰しもが関わる非常に身近な素材で切り離しがたい存在ですよね。

NUNOUSが伝える想い
布の「規格外品」はリサイクルが難しく、多くは粉砕や焼却などの処理が行われてきたそうです。
目に見えない「規格外品」は国内だけでも約900万㎡以上(東京ドーム約192.5個分)と推定されます。
NUNOUSは従来の方法とは異なり、布の色や質感を残すことができるアップサイクル方法を可能にし、「見えない大量の廃棄」を「美しく見える化」することで
見えないごみの存在を伝え、廃棄物と企業、人の新たな関係を結んでいきます。

NAGI×NUNOUSのしおりでは、そんな新素材を日々の中に取り入れることで
サステナブルな日常を目指すきっかけを提案いたします。
その生産方法から同じ模様、同じ色味は一つとなく、お一人おひとりに
オンリーワンのブックマークをお届けいたします!

画像3

***********************************

エコが一つのテーマでもあるNAGI Kurashikiでは
捨てられるはずだった布を利用したマスクとブックマークを皆様の日常にご提案いたします。
と、同時に岡山県で頑張っている企業様を応援したいという想いも込めて。

NAGIのアートの一部をお持ち帰りいただくことで、旅の余韻が続いたり、ふとした瞬間に思い出していただけたら、とても嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございます!
いつかの未来に皆様とお会いできることを願って。

Back to All

DRAG
VIEW
MORE
CLOSE